一人暮らしの女子校生をバイブ責めと中出しSEXでイカせたったwww

騎乗位SEXで小ぶりのおっぱいを揺らすJK

一人暮らしの女子校生をバイブ責めと中出しSEXでイカせたったwww

小動物系の可愛い顔立ちの色白むっちり女子校生のサツキちゃん。ミニスカから伸びる肉づきの良い太ももや肉厚のお尻を堪能する。陰毛が黒々と生え茂るJKマンコをローターやバイブで責めまくる。立ちバックや騎乗位で小さいおっぱいを揺らして喘ぎまくるエロ画像。

前戯はローターと指マンでJKマンコを刺激する

アパートの玄関を開ける女子校生

大人の玩具持参でどこかのアパートの部屋を訪ねて、インターホンを鳴らすと、夏服を着た女子校生コスプレのサツキちゃんが出てくる。顔はコアラみたいな小動物系?でよく見れば可愛い。

紫のローターを目の前で見せて玄関から部屋に入るけど、ミニスカから伸びる肉づきがむっちりした太ももをローアングルで撮影。下半身が適度にムチムチしてる女の子が時々パンチラしながら歩く様子は良いよな。

ベッドに仰向けで寝て股を開く

部屋に入るなりベッドに仰向けに寝かせ、スカートを荒々しくまくり上げて、白いパンツとご対面。紺ソックスの足を自分で持ってM字に開くので、色白の太ももが辛抱堪りません。

薄っすらと陰毛が透けるマンコをクリトリス辺りからローターを当てて、割れ目に沿うように上下に動かし責めていく。

四つん這いでローターで責められる

うつ伏せに姿勢を変えてもらったら、柔らかそうなぷりっぷりの尻肉を、左右交互にモミモミして感触を楽しむ。パンツ越しにマンコを指先でツンツンしてから、ずらして直に触って、ほじくるように刺激する指マン。

四つん這いで自分からパンツをずらして、割れ目を露出させて、そこにローターを当てて責めていく。

四つん這いでマンコの中にローター挿入

中にローターを埋め込むように入れると、気持ち良さそうな表情を浮かべるサツキちゃん。マンコの中に入れたままコードを引っ張られると、ベッドから起き上がり、振動を強くすると、お尻を付き出したまま左右にクネクネと動かす。

強くローターのコードを何度も引っ張ると、自然にお尻をピクッピクッと動かして反応してしまう。正面を向いて、自分でスカートをまくり上げて、パンツをずらして、大人の玩具を咥えこんでるマンコを見せる。

下からのアングルでがっちり割れ目に挟まってる様子が丸見え。引っ張り出すと、ポトリと落ちる様子は卑猥。そのまま人差し指の先でズボズボ突きながら徐々に挿入。むっちりした色白太ももを開いて垂直に出したり入れたりする様子は堪らん。

片足を上げてマンコを晒しバイブを挿入

パンツを脱いでもらったら片足をチェストに上げて、スカートを押さえると黒々の陰毛が生い茂る股間が丸見えで、白い肌とのコントラストが良い。陰毛を摘んだりナデナデしたらクリトリスを指先でこねくり回して刺激を与える。

水色のバイブをウィンウィンと振動させてマンコに当てて、徐々に掘り進むように先っぽから入っていく。バイブが動くたびに、自然に鼻にかけた甘い声が「あぁぁ」「うっっ」と出てしまう。

リズミカルにズボズボと出し入れさせ、マンコの中で動き回り、クリトリスにも適度に当たるように調整して刺激すると、サツキちゃんは気持ち良さそうな顔で快楽を貪る。

バイブを挿入されたまま、ブラウスのボタンを外してもらい、胸元をはだけて、純白のブラジャーに包まれる乳房。ブラジャーを上に外すと可愛い小ぶりの色白おっぱいが登場する。

乳を出したから胸を責めると見せかけて、スカートの中を下から覗くアングルで、バイブを出し入れする様子をアップ撮り。

玄関先で後ろからバイブ責め

頃合いをみて、アパートの玄関まで移動したら、しっかりと鍵を閉めてからドアポストに手をついて、お尻を突き出した格好にさせる。

後ろから振動させたバイブをマンコに挿入して、上下に突き刺すように出し入れして刺激を与えると、サツキちゃんは気持ち良さそうな声を出してしまう。

尻肉を掴みくぱぁと広げる

下から覗くアングルで片手でお尻をくぱぁと広げて、開いたマンコと濃い目の陰毛が丸見え。バイブで執拗にズボズボしまくる。

フェラチオでチンポを咥え込むJK

適度に感じさせた後は、スカートを脱いで下半身はスッポンポン。1Kアパートの玄関から入って直ぐのキッチン前で跪かせてフェラチオ。チンポを差し出すと根本を掴みパクッと口に咥えこんで頬をヘコませてしゃぶり始める。

口の中に唾液を溜めて、イヤラシイ音を立てるので、チンポはヌラヌラにテカリ、聴覚からも刺激が伝わってギンギンに勃起する。

上半身ブラウス着たままSEXでJKマンコを突きまくる

キッチンで立ちバックされるJK

チンポを入れる準備が完了したら、玄関のドアポストに手をつかせ、立ちバックの格好で後ろから抵抗も無くヌルリと挿入。バックでリズミカルに突くたびに、お尻と当たり、パンパンと音を立てて、ぷりっぷりの尻肉を震わせる。

玄関先でハメてると外や隣へ喘ぎ声と振動も伝わりそう。結合部のアップも前から覗き込むアングルで、突かれるたびに震える色白のむっちり太ももは非常にけしからん。

キッチンに腕をつかせて、立ちバックでズボズボすると、瞳を潤ませて「気持ちいい」とつぶやくサツキちゃん。

騎乗位SEXで小ぶりのおっぱいを揺らすJK

その場で挿入したままで体位を騎乗位に変更する。上下に突き上げるたびに、小ぶりのおっぱいを揺らしながら喘ぎまくる。自然に口が開いて快楽に昇りつめて、気持ち良さそうなアクメ顔が妙にソソる。

部屋の中で立ちバックされるJK

挿入したまま立ち上がり少し突いてから部屋の中に歩き出す。壁に手をつかせて立ちバック。邪魔になったリボンを自分から首から投げ捨てる。

腕を持たれて突かれたら肩を押さえられて、はだけたブラウスから見える小ぶりのおっぱいが一生懸命にぷるぷる揺れて自己主張する。

ベッドで騎乗位SEXする女子校生

激しくパンパン突かれた後は、挿入したままベッドに移動。騎乗位で股を開いて突き刺さる結合部分丸見えで、トランポリンみたいに跳ねるように上下運動する。

JKにチンポ挿入したまま電マ責めでイカせまくる

Jkが正常位で突かれ電マで乳責めされる

サツキちゃんは挿入したまま振動ハンディマッサージャーでクリトリスを責められると、ハァハァと荒い息遣いで感じまくる。側位に体位を変更して、挿入角度を変えて、ベッドをギシギシときしませながら突かれる。

敏感になってるクリトリスを再度、電マで責められると、敏感な部分に当たった瞬間「あぁぁ、あぁぁ、あぁぁぁ」と声を張り上げて、手でガードしようとする。

突かれて身体を揺らしながら乳首に電マを押し当て、おっぱいをへこませグリグリと円を描くように責められる。

チンポを挿入されながらクリトリスに電マを当てる

胸を弄られてる間に体位を正常位に変更すると、自分で気持ちいい部分に当てるように電マを持たされてしまう。電マでクリトリスを刺激しながら強めのピストン運動でマンコをチンポで奥まで突かれまくる。

乳首を硬く勃起させた小ぶりのおっぱいを上下に揺らし、顔をのけ反らせながら昇りつめていく。ラストスパートは、しっかりと太ももん根本を押さえながらギシギシアンアンと突かれて、中出しでフィニッシュ。

勢い良く突き過ぎて膣内射精した瞬間に抜けてしまうチンポ。ポッカリと開いた卑猥なマンコから溢れて垂れるドロっとした精液。

SEX後のグッタリする女子校生

「お疲れ様でした」というサツキちゃんの顔から精液で汚れたマンコを映して、部屋から帰る感じでフェードアウト。

評価と感想

B評価

女子校生の制服コスプレ物。一人暮らしの1Kアパートで制服を脱がして、ローターやバイブで責めたりチンポを入れる内容。無駄なインタビューが無く、終始男優さんも喋らないので、二人きりでエッチしてるみたいなシチュエーションが味わえます。

サツキちゃんは小動物系の可愛い顔立ちの女の子で、色白の肌と小ぶりのおっぱい、下半身のムチムチ具合がソソる。でも、肉厚のお尻から責めるアングルが多いので、ポツポツと結構出てる吹き出物はマイナス点だと思う。

汚いお尻は嫌がる人がいる反面、現実感があって良いと言う変態紳士さんもいるかもしれない。小ぶりのおっぱいは左の乳房下に傷みたいな跡があって気になるけど、揉んだり吸ったりと責める場面が無く残念。

上半身にブラウスとズレたブラジャーを残しまま着衣SEXというフェチ的要素、むっちりした太ももが堪らんカメラアングルが時々あるのは良かったと思う。

プレイ時間が30分程度と短く、展開が早く詰め込みすぎなので、ロングSEX好きには向かない。

1Kの部屋や玄関先でハメるのもいいが、玄関ドアを開けて外に声が聞こえるように羞恥心を煽ったり、トイレの狭い空間で座位やフェラチオ、お風呂で声を響かせたりともう少し色々と出来たと思う。

中出し後に電マを手に持って男優さんがバイバイする場面があるが、そのまま敏感なマンコに当てて、強制オナニーで責め立てるとか展開の工夫が欲しい。

動画データ

  • 配信元:1000人斬り
  • タイトル:めっちゃシタイ!!改#026~バイブ大好き女子校生~
  • 公開日:2012-10-22
  • プレイ時間:32分
  • 出演女優:サツキ
  • 作品ジャンル:制服 コスプレ フェラチオ バイブ 中出し 生ハメ

一人暮らしの1Kアパートで色白の制服JKがマンコにバイブやチンポを咥え込む姿を見たいあなたに

めっちゃシタイ!!改#026~バイブ大好き女子校生~

>>色白バイブ好き女子校生のサツキちゃんの中出しエロ動画はこちら<<

 

関連記事

ページ上部へ戻る